健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜TOP ≫  EM菌の活躍 夏の植物 ≫  ペチュニア 菊 EM菌で生ゴミを発酵分解させた土です

ペチュニア 菊 EM菌で生ゴミを発酵分解させた土です


P1150346.jpg
ペチュニアのピンクと赤,
奥は,パンジー,そろそろ時期が終わりですね。
土はEM菌で生ゴミを発酵させて土にもどしたものです。
腐葉土と鹿沼土を混ぜて水はけをよくしています。
感覚的に,EM菌で生ゴミを発酵させて土7:腐葉土2:鹿沼土1
ぐらですかね
植え付けてから肥料は全然与えてません。水だけです。
水やりのときに生ゴミ発酵液(生ゴミ液肥)とか
EM菌米のとぎ汁発酵液を水に混ぜて
1000倍に薄めた状態で与えていました。


下は,ペチュニアの赤の5月連休頃の写真です。
sP1150351.jpg
100円ぐらいのペチュニアだったかな?買って
花を切り戻しをしたものです。

花の無い状態が2〜3週間続いたので
ほんとにペチュニアは咲いてくれるのかな
と思ったのですが6月から少しずつ花が増えてきました。

ペチュニアの切り戻しについては,ページ右のリンクにあるブログを参考にしました。

下は,菊の苗を直接土に植えたものです。
P1150354.jpg
土は,EM菌で生ゴミを発酵させて土に埋めて
完全に土にもどった所を使いました。

10pくらいの菊の苗を5月頃に植えたものです。
葉がもさもさしているのは
枝が分岐している様子です。

摘心もしました。

摘心とは,私の場合,こうしました。
菊の茎はヒョロヒョロと天に向かって伸びます。
菊の茎の先端に生えてくる葉っぱ。葉が小さいうち3〜5ミリの大きさの葉の時
その一番先端の小さい葉を一枚チョキンと切り取りました。
摘心して,一週間もすると菊の茎の所々から新しいわき芽が出てきますよ。

手前にある,背の低い菊は
最初伸びすぎた菊の茎を切ったものを
挿し芽にしたものです。

雑草がじゃまで見えにくいかもしれませんね
地面なので水やりもほとんどしないし
肥料を与えないし,手入れもしないし
ほったらかしの状態なんですよ。
なんの自慢にもなりません。









コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバックURL:
※ トラックバックは管理者の承認後に表示されます。
Copyright (C) 健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜. All Rights Reserved.
google ページランク アップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。