健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜TOP ≫  EM菌 雪最前線 2010.1〜2月

EM菌 雪最前線 2010.1〜2月


4月だというのに雪が・・・2010.4.12

雨が降ってきたと思ったら
雪に変わりました。
花冷えだとしても
雪はないでしょう。

EM菌生ごみぼかし発酵2週間もの、雪のため土埋め作業断念

雪 001.jpg


のき先のプランターも
雪をかぶりました。

今日は大雪。

雪 002.jpg


EM菌生ごみぼかし合え
外で2週間発酵させたものを
土に埋める予定でしたが
休止

明日、雪をよけて
土を掘って
やってみよう

液肥は氷点下の朝晩でも
凍ることは無かったので
発酵してたといことなんだろうか

発酵用バケツのふたを
とって見たら
cut P1100261.jpg


かぶせてある
新聞紙の表面に
うっすらと
白カビが見えました

でも
秋頃よりすごく少ないです

雪が降る、-1度。EM菌生ごみ発酵器「BBスペシャル」が足りない。

冬はEM菌発酵期間が長くなると思うので
生ごみ発酵器が3つ必要です。

5人家族で、しかも食べ残しが結構でてしまうのです。

家の中の、一つ目の生ごみ発酵器「BBスペシャル」
7割ぐらいたまっています。

しかし、
外に静置してある
二つ目の生ごみ発酵器「BBスペシャル」
寒気の中にまだ2週間です。

生ごみ発酵器「BBスペシャル」
もう一つあれば、
ローテーションに余裕ができます。
冬は生ごみ発酵器「BBスペシャル」
3つほしいところです。

日が暮れて
雪がまた降ってきました。
雪が積もったプランタ

プランターに雪が積もってたので
屋根下に引っ込めておきました。




EM菌をほどこした秋の雑草の状態、1月28日。

本日は最低気温-3度、最高気温8度

EM菌は働いていてくれるのでしょうか

P1100179.jpg

これは、昨年秋ごろ
雑草を袋に捨てたものや、
上に乗っている袋は
白菜漬けの葉を捨てたものです。
水分がたまる下部のほうに穴をあけて
EM菌ぼかしを入れてかき混ぜたり、
植物への水やりのときの
液肥を1000倍ぐらいに薄めたもののあまりを
袋の中に流していたものです

生ごみを発酵させたものと同じように
土に帰るはずですから
暖かくなったら
土に混ぜて埋める予定です。

たまーに袋を開けてみると
腐敗臭はしなくて
別な臭いですよ
落ち葉の堆積した臭いの よ う な
完全なそれではないですがね

流すのは液肥をうすめない液や
米のとぎ汁発酵液のうすめない液や
EM菌活性液のうすめない液のほうが
いいのかもしれません。

ただし、
うすめた液のほうがまんべんなく
ふりかけられる利点がありますね。

うすめない場合と
うすめた場合と
結果がどう違うのか
わかりません

理解し実践するには試すしか自分には方法がありません。

今度、雑草を取ったら
袋に入れたら
薄めないEM菌
米のとぎ汁発酵液活性液
ジョウロで
すぐ流そうと思っています。








EM菌生ごみ発酵器 BBスペシャルをしょうがないので外に置いてます、1月26日。 

今日の最低気温−2度 最高気温3度。

P1100187.jpg
外の北側に置いてある
EM菌生ごみ発酵器 BBスペシャル
今日で一週間たちました。
雨や雪よけに袋をかぶせています。

台所にはもう一台あって
置く場所が無い・・・
というよりも、
家人がにおいがしそうだということで
外に出しています。
実際はフタをしているかぎり
においはしないのですがね。

EM菌ぼかしと混ぜた生ごみがいっぱいになったら
2週間ほど発酵期間が必要ということですが
この寒さなので2週間じゃ発酵しないかもしれません。

台所のEM菌生ごみ発酵器 BBスペシャルは
2週間で容器の8〜9割にたまります。
発酵するかどうかわかりませんが
一週間後土にうめるつもりです。

そのやりかたで
暖かくなってきてからどうなるか
ここで報告したいと思います。

P1100190.jpg
コックからは冬の今は2日に一度は液肥を出します。
気温が低くても凍ったことがありません。
液肥は凍りにくいのでしょうか。


Copyright (C) 健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜. All Rights Reserved.
google ページランク アップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。