健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜TOP ≫  EM菌 米のとぎ汁発酵液・活性液のつくり方

EM菌 米のとぎ汁発酵液・活性液のつくり方


EMWでEM菌活性液の作り方(黒砂糖バージョン)

EMWの活性液,2つ目を作りました。
(株)EM研究機構の資料による
糖蜜の代わりに黒砂糖を混ぜる作り方です。

※(株)EM研究機構は,右カラムのリンク先にあります。

@準備物です。
P1100458.jpg
EMW 黒砂糖 自然塩(岩塩などのミネラルを含んだもの)
計量カップ 計量おおさじ じょうご 1.5gペットボトル 容器など

P1100448.jpg
EMセラミックスで汲み置きした水

AEMWを45cc計ります(1.5gの3%は45cc,2gの3%は60cc)。
P1100449.jpg

B黒砂糖を計量おおさじ,すりきり2杯を入れます。
P1100460.jpg

C黒砂糖をお湯で少しずつ溶かします。
P1100461.jpg

D自然塩(岩塩などのミネラルを含んだもの)を一つまみを
 少量の水で溶かします。
P1100467.jpg

DEMWと黒砂糖と自然塩と水をペットボトルに
半分くらい注ぎ,よくシャッフル(混ぜ合わせ)します。
P1100466.jpg

E水を足して,よくシャッフル(混ぜ合わせ)します。
P1100468.jpg

Fつくった直後のPHを計りました。
PH3〜PH4ありました。
P1100469.jpg

G風呂の中に入れて
 数日暖めると,できあがりです。
 
 毎日PHの変化を計ってみます。


EMWでEM菌活性液の作り方(糖蜜バージョン)

EMWの活性液を作りました。
(株)EM研究機構の資料による
糖蜜を混ぜるスタンダードな作り方です。
(株)EM研究機構は,右カラムのリンク先にあります。

@準備物です。
P1100447.jpg
EMW 糖蜜 計量カップ 計量おおさじ じょうご 1.5gペットボトル

P1100448.jpg
EMセラミックスで汲み置きした水

AEMWを45cc計ります(1.5gの3%は45cc,2gの3%は60cc)。
P1100449.jpg

B糖蜜を45cc計ります。
P1100450.jpg

C糖蜜を水でよく溶かします。
 溶けにくい感じがしますが,溶けます。
 糖蜜が溶けたら,EMWに混ぜ,よく混ぜ合わせます。
P1100451.jpg

DEMWと糖蜜を混ぜた液と水をペットボトルに
半分くらい注ぎ,よくシャッフル(混ぜ合わせ)します。
P1100454.jpg

E泡がたったので,泡が少なくなるまで
しばらく待ちました。
P1100455.jpg

Fさらに,水を注ぎ,ふたをしてよくシャッフル(混ぜ合わせ)します
P1100456.jpg

Gつくった直後のPHを計りました。
PH4〜PH5ありました。
P1100470.jpg

H風呂の中に入れて
 数日暖めると,できあがりです。
 
 毎日PHの変化を計ってみます。


米のとぎ汁発酵液のつくり方 〜糖蜜じゃなく黒砂糖を使う〜その2

黒砂糖とEM1を使うと
茶色くならずに
生活でも使いやすい
米のとぎ汁発酵液ができます。

@準備物です。
P1100404.jpg
EM1,黒砂糖,ペットボトル1.5gか2gを2本,米のとぎ汁をボール2杯,計量カップ,じょうご,計量スプーン,スプーン等かきまぜるもの

P1100406.jpg
おっとこれも,
ミネラルを含んだ塩を少々。
私は小粒の岩塩をつかっています。

P1100405.jpg
A黒砂糖は,ぺっとボトル一本につき
 計量おおさじスプーンすりきり2.5杯なので
 ペットボトル2本分,5杯をカップに入れます。

P1100410.jpg
B熱湯を少しずつ注いで,黒砂糖をていねいに溶かします。

P1100407.jpg
C黒砂糖が溶けずに少量残っても,
 EM1を注げば溶けるので
 このくらいで溶かすのはストップ

P1100408.jpg
D計量カップでEM1を40cc計る

案内では,ペットボトル2gにつきEM1は20cc.
ペットボトル1.5gでも,多めに20ccでよいと思います。
失敗しないで作るためには,案内より多めにつくるのがよいそうです。
2本分なので,20cc×2本は,40cc用意します。

P1100411.jpg
EEM1を40ccを黒砂糖水溶液に注ぎます。

P1100415.jpg
F岩塩少々(2つまみくらい)を入れます。

P1100412.jpg
Gよくかきまぜます。

P1100417.jpg
H米のとぎ汁に,Gを注ぎます。

P1100418.jpg
Iよくかき混ぜます。

P1100421.jpg
J計量カップで計測しながら均等に
ペットボトルに注ぎます。

P1100424.jpg
Kこのくらいになったら,
 蓋をしめて,よく振ってかきまぜます。

P1100425.jpg
L口の近くまで注いで蓋をしめて,よく振って混ぜるようにします。
 米のとぎ汁が足りなくなったら,水で量を増やして注ぎます。
 蓋をしっかりしめます。

P1100426.jpg
M風呂に入れて3日〜4日発酵を待ちます。
 私の実験では,風呂に入れて3日間で
 phは3〜4になります。

米のとぎ汁発酵液のつくり方 〜糖蜜じゃなく黒砂糖を使う〜その1

米のとぎ汁発酵液をつくりました。
写真つき説明は後日アップします


糖蜜を混ぜると茶色くなるので
家庭で使う場合はやや使いづらいです。


黒砂糖は糖蜜より仕上がりが白くなるし
phも同じなので
私は黒砂糖を使っています。


糖蜜はEM関連ショップや
ネットで売っています。
買ったことがない人は
検索してみてください


分量
ペットボトル2リットル につき
@EM1(EMW)20cc
A糖蜜20cc(黒砂糖の場合は,計量大さじすりきり2.5杯)
B塩少々(1〜2つまみ。食卓塩ではなく,ミネラルを含んだ塩,
     私は小粒の岩塩を使っています)
C残りは,米のとぎ汁
    (足りなければ,水でうすめて使えばよい)


失敗しない秘訣は,案内より多めの分量でつくるというので
1.5リットルペットボトルでも2リットルペットボトルと約同じ分量で作ります。


私は理系じゃないので,「余裕をもって」という
ポリシーのもと,案内の分量よりちょっと多めに入れています。
それでも,しっかり混ぜれば大丈夫
失敗したことはないです。

実際のつくり方は後日,写真入りでアップします。

EM菌 米のとぎ汁発酵液と活性液の作り方

米のとぎ汁発酵液と活性液の作り方は
資料準備中につき
すみませんが
このブログの右側にある
リンク「株式会社EM研究機構」の
資料を見てください。

近日アップする予定です。

Copyright (C) 健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜. All Rights Reserved.
google ページランク アップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。