健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜TOP ≫  EM菌土壌による 無農薬野菜づくり

EM菌土壌による 無農薬野菜づくり


EM菌土壌改良したスイカ,メロン,トマト,ナスの収穫

P1150460.jpg
今朝の収穫です!
ペットボトルは大きさを比較するために置きました。

スイカ,帰省のおみやげにしましょう。
メロン,今年3個目の収穫です。
トマト,凛々子(カゴメトマトジュース用のトマト)ですが
私は食べてますけどね。
ナス,今年は数が少ないです。

午後は,EM菌ぼかしで発酵させた生ゴミを土に埋めました。
雨よけのために
埋めた所の上に新聞紙を2枚重ねにしてかぶせ
ゴミ袋をかぶせ
端を石でおさえ,空から雨が落ちてきても
土にあたらないようにします。
使った道具を水で洗って,無事終了。

暑いので日陰をまって夕方ごろしました。

EM菌で土壌改良して無農薬,化学肥料0のスイカ,野菜

↓そろそろ収穫のスイカです。
大きさはバスケットボールぐらいになりました。
P1150356.jpg

↓メロンです。大きいもの2個収穫できました。
半分に切ったメロンを冷蔵庫から出したものです。
まだ育っているのが何個かあります。
P1150366.jpg
P1150360.jpg


↓ねぎです。
すでに何本か抜いて食べています。
収穫前と収穫後です。
しっかりしたいいねぎですよ〜。
P1150359.jpg
P1150364.jpg
ねぎは葉っぱの根っこに土をかぶせていきますよね。
その土で失敗しました。
ホームセンターで売っている300円ぐらいの土をかぶせたら
かぶせたネギは全て,葉が害虫に食い荒らされて
ぼろぼろになってしまいました。

早めに抜いちゃって全部食べてしまいましたけど
大きく育つ姿がみたかったです。
EM菌土をかぶせてもそんなことは無いんですがね。
害虫なんかよってきませんよ。
土って大事ですね。


↓トマトとなすです。
凛々子っていうトマトジュース用のトマト
大きさはこんなものかな
P1150365.jpg

全てEM菌で生ゴミを発酵させて土に戻した改良土でできた作物です。
化学肥料類は全く与えずにいました。

きゅうりだけが実が少ないです。
何でかな?きゅうりは肥料がいるのかな。

EM菌土壌のつくり方は
右のカテゴリを見て下さい。
まず,「EM菌 生ゴミ処理のし方(土壌改良のため生ゴミの発酵のさせ方)」
次に「EM菌 発酵生ゴミの埋め方・土のつくり方・土壌改良」
です。

P1150363.jpg

EM菌で生ゴミを発酵分解させた土で無農薬栽培6.13

EM菌で生ゴミを発酵分解させた土は
栄養たっぷり

収穫まで肥料などあげたことはないのですが
ぐんぐん育ちます。

ただ,春の寒い時期は
冷やさないようにビニールハウスで囲ったり
雨よけなどはできる範囲でしてます。

左がナス,右がトマトです。
間違ってナスの良い則枝を切ってしまいました。
ナスは実が少なくなるかも。
P1150183.jpg

レタスです。
P1150180.jpg

きゅうりです。
P1150182.jpg

スイカです。
人工受粉も一回行いました(雌花の柱頭に,雄花ごとおしべをくっつけてあげる)。
P1150181.jpg

メロンです。支柱たててません。
P1150179.jpg

ねぎもすくすく育っています。
P1150178.jpg


EM菌で生ゴミを発酵分解させた土で無農薬栽培と害虫駆除

「無農薬」って聞いたことがありますか?
どういうことなのかは詳しくは知りませんが

このブログで使っているのは
EM菌で生ゴミを発酵分解させた土だけです。

化学肥料とか,農薬とかは全然使っていません。
というより使えないんですね
使い方も全然わかりません。
必要と感じたことがないんですよね。

化学肥料なんかは,
かえって,EM菌の土を悪くする気がして
使ってないです。

プランターや畑以外の場所では,
弱い除草剤は使ってますけどね。

土は,EM菌で生ゴミを発酵分解させた土(0円)
水やりの水は,
EM菌米のとぎ汁発酵液か,EM菌活性液か,EM菌生ゴミ発酵液肥を
1000倍ぐらいに薄めた水だけです(0円)

市販の腐葉土と水はけをよくする土(鹿沼土)や
栽培材料(容器やビニールなど)などは
当然,お金がかかりますが

害虫防止や肥料関係などは
EM菌の土とEM菌の水で足りるので
無農薬は費用的にも節約できるってことですね。


では,害虫駆除はどうしてるかというと
EM菌米のとぎ汁発酵液か,EM菌活性液か,EM菌生ゴミ発酵液肥を
1000倍ぐらいに水で薄めて
たまーに植物にスプレーする。
気が向いた時に葉裏にスプレーぐらいですかね。

スプレーが面倒になときは
水やりと同時に葉っぱにも
じょうろでかけちゃいます。

なので,葉にEM菌の水がかかるのは週に1回ぐらいですかね〜
葉裏には,2週に一回ぐらいとなるでしょうか

忘れちゃって全然葉面にかけないと時期もあったし。


害虫なんてまず見かけないし
被害にあわないです。


ただし,一回,昨年,スナックエンドウが写真のような
状態になりました。
調べてみると「ハモグリバエ」という害虫で
葉の中を食い荒らしていくようです。
対策は,食われている葉を取り払うということでしたが
取り払っても効果なく,枯れてしまいました。
資料 ハモグリバエ.jpg

スナックエンドウにはEM菌水の葉面散布を行っていなかったかもしれません。

EM菌土プランターで野菜苗植え 2011.5,5

EM菌発酵生ゴミが分解してできた土を使い
プランターに野菜苗を植えました。

トマト苗です。
トマト苗

ナス苗です。
ナス苗

葉レタスときゅうり苗です。
葉レタス,きゅうり苗

スイカ苗です。
スイカ苗

EM菌発酵生ゴミが分解してできた土は
水遣りで泥んこになってしまうので
水はけがよくなるように

EM菌発酵生ゴミが分解してできた土に
腐葉土(市販のもの)と
鹿沼土を混ぜてかき混ぜます。

分量は適当です。
感覚ですが,
EM菌発酵生ゴミが分解してできた土60%
腐葉土30%
鹿沼土10%
ぐらいでしょうか。
鹿沼土は必ずしもいりません。腐葉土30〜40%でいいと思います。

苗には,植える前に
EM菌発酵液を1000倍くらいに薄めた水で
十分に水やりをしておきます。

その苗を植えたあとも
EM菌発酵液を1000倍くらいに薄めた水で
十分水やりをします。
水の量は,プランターの底から水が垂れてくるまであげます。

植え付けはこれで終わり。
↓ビニールハウスで保温します。
家庭菜園,ビニールハウス,マルチ

左の黒いのは,マルチを貼ったもの
何だと思います?

「長ネギ」です。
ユーチューブを見て
昨年実験してうまくできた
ねぎの植えかたを見て
植えてみました。


Copyright (C) 健康生活とEM菌のブログ〜発酵液の作り方〜. All Rights Reserved.
google ページランク アップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。